十三の風俗でアルバイトするにあたって

十三のホテヘルで働いています。

2人でラブホテルの部屋に入り全裸で男の人を満足させる店です。

キス、フェラチオ、69など、本番以外は何でもありのお店ですが、気をつけることはありますか?コンドームは、お客さんが希望した時か、包茎の人にしか使えませんので、口で生でする事になります。

プレイの前にはイソジンでうがいをしますが、性病などに注意しないと駄目ですか?

イソジンはプレイの前だけではなくプレイの後にもした方がいいですよ。

慣れてくれと、男の人の反応などから、相手が病気を持っているかどうかが分かるようになるそうです。強く握ったら痛がるとか。後はお店の従業員や同僚の女の子の経験談を聞いてみるのもいいかも知れません。

いくら気をつけていても性感染症に感染する可能性はありますので、かかりつけのお医者さんを作って、できれば2週間に一度くらいは検査に行くといいと思います。

当然ですが、明らかに相手が病気持ちであると分かった場合はサービスを断る権利はあります。お金より身体が大事ですので、しっかりと自分で自分を守りながらがんばって下さい。

十三の風俗アルバイトを探すなら、求人情報をチェック!

十三風俗アルバイトで稼ぎたい主婦の味方

十三風俗アルバイトは短時間で高収入を稼げるお仕事で、ちょっとした時間の空きやすい主婦の方に人気のお仕事ですね。

ですが他の女性と同じように接客していては大きく稼ぐことはできません。
貴女ならではの何かが必要です。
男性が喜ぶことを考え、どうすればまた指名してもらえるのかを考えて接客しましょう。

風俗アルバイトで稼ぐためには本指名が絶対に必要です。
何度も来店してもらい指名してもらうにはお客様の記憶に残る接客が必要なんです。

毎日お仕事していると作業的になってしまいがちですが、お客様はそのひと時のために
お金を使ってくださるので、頑張っておもてなしをして気持よくなっていただきましょう。

十三風俗の面接中に犬が入ってきたら

短期間でお金を貯めたい、どうしてもお金が必要、等、女性が風俗店で働く理由は様々です。時間や曜日に縛られず、高収入を得ることができるが風俗の仕事です。風俗店で働きたいと思ったら、まず求人誌やインターネットで検索する人も多いでしょう。求人誌ならホットペッパーの様に、街のいろいろな場所で無料で持ち帰ることができます。インターネットの場合は、パソコンやスマートフォンを使って「大阪風俗求人」や「十三 風俗求人」などのキーワードで検索すれば、風俗の求人サイトに辿り着くことができます。

条件が合うお店が見つかれば、電話やメールで連絡をして、面接の日を決めます。
面接場所がお店の場合は、お店までのルートを調べ、約束の時間にお店へ伺います。
立地や建物の雰囲気でお店に入りづらい場合もありますが、風俗店で働くことになれば、もっと恥ずかしいことも平気でこなせるようにならないといけません。まず最初の試練だと思い、思い切って入って行きましょう。

事務所の一室や、区切られた場所で面接担当のスタッフに、お店のことや、お仕事内容、お給料についてなどの説明を受けます。ここで分からないことがあれば遠慮せずに質問しましょう。その内容はきちんとメモを取ることをお勧めします。

一通りのやり取りが終われば、その場で採用が決まることも多いです。採用が決まれば、契約書や登録書の記入をします。

ここで気をつけないといけないことは、このタイミングで部屋に犬が入ってきた場合、どう振る舞うかということです。

入ってきた犬が子犬だった場合は、その愛くるしさに思わず笑みがこぼれてしまうかも知れません。それは問題ないのですが、微笑みながらも、手はしっかりと動かし、書類を完成させることを忘れてはいけません。
雨に濡れた野良犬だった場合は、どれだけ可愛くてもとんでもない異臭を放つので、ここでも試練だと思い、複雑な表情などはせず、笑顔で面接を続けてください。
ドーベルマンなどの怖そうな大型犬の場合は、どんなに怖くても相手には脅えた素振りを見せず、凛とした態度で面接を終えてください。
面接が終わり、店を出た時に先ほどの犬が付いてくる場合があるかも知れませんが、そんな時は変に構うことはしないで、優しくお別れしましょう。

晴れて風俗デビューが決まり、お店で働くことになったとき、いろいろなタイプのお客様のお相手をすることになります。
好みのタイプの若いイケメン、体臭が強烈なオヤジ、怖そうなお兄さん、など。
どう接していいか分からなくなった時は、面接中に入って来る犬を思い出してください。
どんなお客様でも、どんな状況でも、最後まで仕事をやり遂げるのが、プロの風俗嬢なのです。

あなたもプロの風俗嬢を目指して日々がんばってください。

十三風俗求人!知恵袋

質問
風俗求人サイトを見て

私は男なのですが、風俗にはほとんど行ったことがなく、健全な生活を送っているごく普通の会社員です。
先日、ふとしたきっかけで風俗の求人情報サイトを見て、疑問に思ったことがあります。

ファッションヘルス、ホテルヘルス、イメージヘルス、デリバリーヘルス、待合わせ型ヘルス、ソープランド、SMクラブ、M性感、ホテルエステ、待合わせ型エステ、デリバリーエステ、オナクラ、キャバクラ、セクシーキャバクラと色々な業種があるのですが、どの業種のどのお店でも給与がほぼ同じなのは、何か決め事のようなものがあるのでしょうか?

実際にもらえる金額とは異なるということでしょうか?
我々男性がお客として20,000円払った場合、女の子の取り分はいくら位になるのでしょうか?
どのくらいのペースで通えば、女の子に気に入ってもらえるでしょうか?
ぶっちゃけ、ひと月にいくらぐらい稼げれば、女の子は満足するのでしょうか?
満足する金額を直接女の子にあげれば、セフレのような関係になれるのでしょうか?
お店以外で女の子といやらしいことをし放題という夢を叶えるにはいくら必要なのでしょうか?
お店以外で女の子と合う場合は、いきなりホテルだと相手に引かれるので、まずは食事に連れて行った方がいいでしょうか?
食事に行くなら、どのくらいの値段のお店がいいのでしょうか?
いいお店があれば教えてください。
そのお店のクーポン券もあれば教えてください。
食事をしたあと、クーポン券を出しているところを見られたくないので、携帯やスマートフォンの画面を見せるタイプのクーポンがいいです。
そのお店のメールマガジンにも登録するのでお願いします。
あと、私は生魚が苦手なので、その点を踏まえてのお店選びをお願いします。

また、スレンダーなのに巨乳で、煙草を吸わず、タトゥーもない黒髪の25歳前後のドスケベな未婚女が多いのは、どの業種でしょうか?
業種だけでなくお店の名前、場所、料金等も教えていただけませんでしょうか?むしろその女の連絡先を教えてください。

十三の風俗面接こんな答えは不採用

風俗店の面接ではこんなことをよく聞かれます。
的確に答えられるよう、準備して面接に挑みましょう。
こんな答えは採用されない、というものを挙げましたので参考にしてみてください。
「身長、体重、スリーサイズを教えてください」

──身長129.3cm、体重129.3㎏、バスト129.3cm、ウエスト129.3cm、ヒップ129.3cmです。

ドラ○もんのサイズではなくて、あなたのサイズを聞いているんです。
「風俗で働いた経験はありますか?」

──はい、実家がファッションヘルスを運営してまして、小学生の頃から手伝いをしていました。

実家がファッションヘルスということは、1階がヘルスで2階が住居という床屋などの個人商店スタイルのお店でしょうか?小学生がお手伝いするにはいろいろと問題があります。洗濯や掃除などの裏方的な仕事ならまだしも、受付けや接客なんてとんでもない、事件ですよ。
「当店で働こうと思った動機を聞かせてください」

──在籍している女性の方が私よりブサイクなので、この店だと指名が取れると思ったからです。

実に正直ですが、口に出してはいけません。ただ、ブサイクが売りの店だったなら、あなたへの指名は期待できません。
「住所と最寄り駅を教えてください」

──住所は○○市□□区△△1-2-3です。最寄り駅というか駅の高架下に住んでいます。

ホームレス風俗嬢という本が出せそうな波瀾万丈っぷり。風俗嬢になれば風呂には困らないですからね。
「どれぐらい稼ぎたいですか?」

──100おくまんえん!

無邪気さのアピールは不要です。もしくは真性のバカでしょうか。
「いつから働けますか?」

──今でしょ!

面接官をイラつかせる一言です。使い方もやや間違っていますし。何より、このフレーズも散々使われ過ぎてすでに古くさい印象があります。
「週にどれぐらい出勤できますか?」

──逆にどれぐらい出勤して欲しいですか?

下手すると面接官をキレさせてしまいます。ドSな女性が必要とされているお店なら、見込みがあると思われるかも知れませんが。
「何を見て当店に応募されましたか?」

──常に前だけを見ています!

熱い思いは伝わりますが、面接官の求めている答えではありません。
「希望の勤務時間や時間帯はありますか?」

──希望も夢もまだ捨てちゃいねぇ。この胸の奥に秘めてあるよ!

ヤバいヤツが来たと、面接を打ち切られて帰らされる恐れがあります。

以上、間違ってもこのような答え方はしないよう気をつけてください。

十三で働いたことがある風俗嬢の悩み

単刀直入に聞きたいんですが、風俗に行って、性感染症になる確率ってどれぐらいなのでしょうか?普通、風俗で働く女性は定期的に検査を受けているとは聞いているのですが、本当なのか心配です。

やはり風俗店にいくということは、性感染症にかかること前提で遊ぶものなのでしょうか?

お店のホームページなどで、当店は定期的に性病検査を行っていますなどと書かれていますが、実際にお店が検査費を出して、働いている風俗嬢に検査をさせているかは疑問です。

ちゃんと検査をしているお店もあるにはあるんですが、検査費も結構金額がかさみますので、風俗嬢に自主的に検査へ行ってもらう店もあるようです。

また、いくら風俗嬢が検査を受けていても、お客が病気をもってくる場合もあり、プレイ中はコンドームをつけるなどして予防しても、中々防げないのが実情です。

絶対に性感染症にかかりたくないのであれば、利用しないのが一番なのですが、どうしても風俗へ行きたい、行かなければならない時は、いった後に検査をうけるとか、プレイ中にコンドームをつけて自衛するしかないのではないでしょうか。

風俗嬢の方々も、やむにやまれぬ事情で風俗で働いているので、現実問題として性病の検査にお金を回す余裕があるのかときかれれると厳しいものがあるでしょう。

そういう事情も踏まえて、風俗を利用し、もし病気にかかってしまったら、恥ずかしがらずにすぐに病院へいきましょう。

初期に病院へ行けば、それほど時間がかからずに治るものが多いですから。